2018年3月号 固定観念からの脱出

あるがままの自分

固定観念からの脱出

我々人間はたくさんの固定観念に縛られて生きています。
例えば幾多の苦労の中で奮闘努力する両親の元で「幸せになるには、努力が必要」と教えられて育つと、「幸福に生きるには大変なことを乗り越す必要があり、時間がかかるもの」と思い込んでしまいます。子供の頃は、成績は優秀、そして友達と楽しくかかわれないと幸せ組には入れないと思い込んでいる親や先生に見守られ、自分でも落ちこぼれのアホで、友達が少ない自分の人生は真っ暗だと思い、勉強を頑張ろうと思いつつ、頑張れない自分に何度も嫌気がさす・・・こんな過去を生きてきたらどうでしょうか?
「幸せになるには多大な努力と苦労を乗り越えるべき」という絶対条件に立ちはだかられてしまった訳です。

 

真実は100%言葉通り、信じた通り

しかし真実は違う、そのままの自分で今すぐに幸せになれるのです。
すでに幸せであると心から信じるだけで、必ず幸せになれるのです。
これはただの楽天思考ではなく、量子物理の世界でもそのことが証明されているのです。そして信じきる為のノウハウも用意されています。それが「言葉を立てる」ということです。
たったこれだけで、本物の幸せがやってくるのです。
本を読み、セミナーでそう学んでも、いざ家に帰り、職場に行き、本から目を離して現実の中に戻ると、「さあ、努力、努力」と肩に力を入れて、無意識に幸せ目指し頑張ってしまうのが、日常となっていませんか?
どんなに努力しても、「私はうまくいっていない」とか「私は不幸」と思っていたら、幸せは永遠にやってこないのです。「私は、ダメな奴!」と信じ切っていたら、努力に比例せず、何をやってもうまくいかないのです。
また、「お金を手に入れるには、それ相応の苦労をして働く必要がある」と思い込んでいると、その通り、生きる為に一生を捧げて、お金のために、あくせく苦労をすることになるのです。
あなたは「必要ならお金は与えられる」と思っていますか?この瞬間、「え、そんな甘い話あり得ない」と思ったのではないでしょうか?

 

真実を生きるのか、固定観念に縛られたまま生きるのか、選ぶのは自分

私が、笑顔セラピーで、口を酸っぱくして「あなたはすでに幸せです。信じて!!本当に幸せなんですよ」といったところで、何人の方が信じてくださるでしょうか?
きっと「あなたは、主人の頑固さを知らないから、そういうことをおっしゃるのよ」とか「私の病気は一生治らないから、幸せになれないの」とか「私なんか、どうせこの世の隅っこで生きるだけよ」などと、反発が返ってくるのです。

固定観念をはずし、真実の世界にはいることが本当のプラス思考

固定観念を外せない人が、本当の意味でのマイナス思考です。そういう意味で、今地球上の文化の基本は、マイナス思考文化ですから、人類がたくさんの努力で、科学や医学や経済を発展させてきても、人類全体の、幸せ度は下がるばかりです。病気はふえ続け、テロや戦争はなくならず、核の脅威にさらされ、環境問題は深刻です。

 

真言を唱える本当の意味

全ては言葉通り、信じた通りになるのです。しっかりと固定観念を外して、ただ生きているだけで、最高に幸せであることを確信しましょう。
その為の言葉の事を真言というのです。世界最高の真言「ありがとうございます」をしっかりと唱えて、与えられる幸せに感謝しましょう。そこから、本物の幸せがやってくるのです。

ありがとうございます。