2018年2月号 闇(なやみ)と戦わず、光を呼ぼう

1213712_70168509 - コピー

闇(なやみ・・)と戦わず、光を呼ぼう 

生きていると、必ず困難と遭遇し、悩みが現れます。病気になったり、人間関係で悩んだり、仕事でつまずいたり、自分の能力の限界を感じたり、お金に困窮したりします。悩んだことの無い人はいないでしょう。

そんな時、人は目の前の悩みと戦い、悩みの原因を消そう、乗り越えようと頑張ります。もちろん乗り越えられる問題もある、しかし、乗り越えて一生悩まなくなるのではなく、次々果てしなく悩み=闇と戦う人生になるのです。

もちろん悩みをプラス思考でとらえ、悩みや困難を成長のプロセスと捉え、乗り越えて、結果やりがいや喜びを感じる事もあるでしょう。しかしこれでは永遠の安らぎ、本物の幸せとは、遠く離れた人生です。

「闇と光は交互にやってくる」これは絶対法則です。こんな果てしない旅路が「生きる」ということでしょうか?

 

生きる目的は、愛を学ぶこと

決してそうではなのです。生きる意味は、困難を乗り越えて、自分の能力をアップしたり、収入を増やしたり、健康を増進させたりといった成長が目的ではありません。人一倍頑張って成長した人が、一時的に幸せを感じることはあっても、それは本物の幸せではなく、感情的に快を感じているに過ぎないのです。

本物で永遠の幸せとは、まず心には、消えることの無い大きな安らぎがあり、安らぎの上に、喜びや幸福感が満ちあふれているものです。

本物の幸せは、愛する力を深く養うことによってのみ、得られるのです。

より深く大きく愛を実践するためにこそ、自分の能力やパワーや、経済力や、叡智、そして健康度をアップする必要が出てきます。それが人間としての、本物の成長です。そして、愛の為に成長を目指しても、決して悩まないし、必ず達成できるのです。人生が暗闇になることは全くなく、いつも光に満ち溢れています。

人間は愛を学ぶために、生まれてきたのです。愛と愛情は全く違います。愛とは、光そのものであり、言い変えると神であり、絶対愛のことです。みんな心の奥深くに、絶対愛がある、つまり、本来皆生まれながらにして、神そのものです。その本来の自分に気づき、本当の自分に戻るプロセスが、本当の人間としての成長です。成長して本当の自分に戻る為に、生まれてきたのです。

 

闇と戦わず、光を呼ぶ方法

闇と戦わず、光を呼び込めばよいのです。病気と闘わず、無限健康を呼べばよいのです。苦しみと戦わず、永遠の幸せを呼べばよいのです。悲しみから逃げようとせず、無限の喜びを呼べばよいのです。

光を呼ぶには、光そのものの言霊である真言を唱え、光を呼び込めば、本物の幸せの世界に入ります。

愛は光です。愛に生きる為には、愛を言葉にすればよいのです。言葉通りになるからです。師匠が命と引き換えに降ろしてくださった本物の愛そして光の言霊「宇宙神ありがとうございます」は、最高の真言、愛の言霊です。唱えていると、心の奥深くに、すでに存在している愛が呼び出され、安らぎと喜びと笑顔に満ち溢れます。

そして、とても不思議な事に、一瞬にサーと必要な成長も成し遂げられます。また、必要な物は与えられます。自分がマイナスを思い込み掴んでいない限り、必ず本当の自分、愛なる自分、無限力の自分が現れ出でます。

 

いよいよ、本物の幸せ、喜びに出会う時が来た

今年は、いよいよ人類が、愛を生き、支え愛、喜び、幸せに暮らすことになる年です。これは決して絵空事ではなく、真実です。師匠は、はっきりとそう言い残して旅立たれました。もうその流れは、始まっています。乗り遅れないよう、流れに乗りましょう。今チャンスです。さあ、ご一緒に愛の言霊にのって、愛を生きましょう。

悩みが起きた時は、「今すぐに、光を呼びなさい。光がないから闇になる」というメッセージ、ありがとうチャンスです。しっかりと「宇宙神ありがとうございます」を唱え、その言霊の真っただ中に飛び込めばよいのです。

 

 

Share on Facebook