2017年3月号 みんな仲間

047282

みんな仲間ですか?

今、世の中は。勝ち組か負け組かという強烈な競争社会です。

子供達の世界まで、競争一色に染められ、子供達は戸惑いストレスをためているように見えます。子供達は、人間関係で、「皆と溶け合え仲間が多いか、仲間はずれであるか」が命がけのテーマのようです。

特に競争しているつもりのない人も、いつも人と比べての自分はどうか、人からどう思われているかと思っているのは、明らかに競争社会の一員なのです。

 かく言う私も、母子家庭として講師業で家族を支える為、やはり競争社会のど真ん中を生きてきました。加えて私自身の虚栄心から、講師仲間の中での自分の立ち位置、世間からの評価に戦々恐々としていました。

また自由業の人々の中での自分の価値がどうなのかと、いつも回りを見ては気にしていました。

 ということは私は、能力ある自営業の人々を仲間ではなく敵とみていたということです。

 

敵を作る人間関係と仲間を作る人間関係

 社会の中の自分への評価を上げるべく頑張り、競争相手を意識することは、相手を敵として観ているということに他なりません。相手と直接戦う訳ではないが、意識エネルギー、意識波動の中では戦いの相手、敵なのです。

 人から笑われないか、批判されないかと気に掛け、不安を持つ生き方もまた、敵をつくる生き方で、敵だからこそ、気を許せず、人間関係で疲れます。

また最近は治安の問題で、スリや泥棒やなりすまし詐欺に合わないように、との警告の多い社会です。被害にあわないようにすること事態は必要でも、気を使い過ぎ自分を必死で守る生き方は、「敵の中で暮らしている」と想定しているのです。

 宇宙の絶対法則、思った通り、言葉通りになるのですから、そうすると現実に悪い人、ひどい人々とばかり出会う世界を、自分の想念で作り出すこととなり、裏切られたり被害者になったりするわけです。そんな生きかたで幸せになれるはずはありません。

 

みんな、ひとつながりの仲間

みんな良い人、みんな仲間と思うだけで、いえ、言葉を使って自分の意識を方向付けるだけで、人間の出会いはグンとよくなり運気が上がります。人生で必要な時に、助けてくれる人、協力し合える温かい人とタイムリーに出会うのです。全て自分の意識と想念が意識エネルギーの場を作り、現実として、現れる訳です。

 私も、今は感謝行の大きな力に助けられて、とても素晴らしい仲間との出会いが一杯で、力を合わせ助け合える、そんな暮らしの中に居て、本当に幸せ一杯です。

 感謝行により過去に積み重ねて潜在意識の中の敵を浄化して消しきり、「皆ひとつ」としっかりと言葉を使い宣言し続けたらかんしゃ、すっかり人間関係の不安は消え去り、喜びと感謝に満ち溢れたのです。

 

感謝行でみんな、ひとつになる

そう感謝行は「皆ひとつ」仲間だけという生き方です。「ありがとうございます」と言う言霊の意味する感謝は、全てOK、皆仲間、という大きな無限の無限の感謝がいっぱいなのです。  

 

ありがとうございます。

 

 

Share on Facebook